将来のために知っておきたい「家の相続」

将来のために知っておきたい「家の相続」




家の相続~親族との関係


家の相続

お金に関することは兄弟や親族とのトラブルを招きがちです。

私も昔、消費者金融でお金を借りていることが家族にバレて、
一悶着あったものです。

家族にバレないように銀行カードローンにしていればよかったな、
とあとから悔やんだのを今でも覚えています。

いくら普段は仲のいい兄弟や親族でも、
財産が絡むと話は変わってきます。

それぞれの思惑が絡み合い、
相互不信に陥る可能性も否定できません。

特に家を含む不動産は、
現金などのように分配することが難しい財産ですので、
相続トラブルの原因によくなります。

残された親族がその後も良好な関係を保てるようにするためには、
生前から家の相続に関する対策を立てておくことが大切です。

家の相続に関するトラブルを避けるためには、
遺言状を作成しておくのが有効です。

事前に遺言状を作成しておけば
それに従ってスムーズに相続が実行されるうえ、
故人の想いを実現させることもできるので、
相続する側にとってもさせる側にとっても非常に役に立ちます。

ただし気をつけておかなければいけないこともあります。

遺言状は法定の様式を満たしていないと無効ですので、
遺言状に関する専門的な知識を持っていなければいけません。

また法律では遺留分というものが定められており、
この定めについても理解しておかなければ
自分の願いどおりの相続を実現させることが難しくなります。

したがって遺言状を作成するのであれば、
弁護士など法律の専門家に相談してからにするといいでしょう。





 



TOP

家の相続
~相続税


家の相続
~親族との関係


家の相続
~行政書士


家の相続
~生前贈与がオススメ!


 

©2014 将来のために知っておきたい「家の相続」 All rights reserved.