将来のために知っておきたい「家の相続」

将来のために知っておきたい「家の相続」




家の相続~行政書士


最近興味を持ち始めたと話していたFXですが、
やはり知らないことが多すぎます。

スプレッドとか通貨ペアとか、
まずは言葉の勉強からはじめなければならないようです。

さて、今回も家の相続についてお話していきます。

「遺産相続手続き」というものを行う行政書士は少なく有りません。

しかし、法律上行政書士が行える手続きの範囲は限られており
その範囲を超えての手続きはできない様になっているため、
注意が必要です。

その為、行政書士に任せればすべてが問題なく処理されている
と思っていると、思わぬトラブルになることが有るので注意が必要です。

家の相続の場合、
相続人が複数いる場合には遺産分割協議書を作成し、
問題が有る場合には裁判所に調停を依頼することになります。

この場合、遺産分割協議書は行政書士が作成できますが、
裁判所に対する調停依頼書は
司法書士にしかできないことになっています。

また、調停の際の弁護や代理人行為は
弁護士にしかできない仕事であるため、
行政書士は基本的には書類を作成するだけのことが多いものです。

その為、多くの行政書士は自分の出来る仕事以外は
司法書士や弁護士に再委託する場合も少なく有りません。

更に住宅を相続した場合には、相続のための手続きが必要です。

住宅の名義変更は司法書士に、
相続税の計算や申請は税理士に
それぞれ依頼をしなければいけないことになっています。

しかし、これらの行為も
依頼主が直接ではなかなかスムーズに進まないことが多いため、
行政書士が取りまとめて依頼するケースが増えています。





 



TOP

家の相続
~相続税


家の相続
~親族との関係


家の相続
~行政書士


家の相続
~生前贈与がオススメ!


 

©2014 将来のために知っておきたい「家の相続」 All rights reserved.