将来のために知っておきたい「家の相続」

将来のために知っておきたい「家の相続」




家の相続~相続税


最近、相続の話をしているうちにお金に関することに興味が湧いてきました。
儲けている友達をみて、FXを始めたいと思い業者選びをする毎日です。

さて、今回は相続税についてお話したいと思います。

被相続人が死亡し、 あなたに被相続人の財産が相続されたら
相続人であるあなたは相続税を支払うことになります。

仮に相続財産が現金や預貯金の場合、
金額に応じた相続税率をかけることで簡単に求めることができます。
(実際にはさらに控除額分を引きます)

その他にも株式や公社債、
さらには土地や家などの不動産、貴金属、書画骨とうなどもあり、
これらの相続税は相続開始日における金銭的価値で評価を行い
相続税率によって相続税額が決まります。

特に家などは金額も高く時価と言われても
はっきりとした金額が分からないものもあります。

そこで家の相続には国税庁から公表されている
「財産評価基本通達」とよばれる評価基準に従って評価し、
税額を求めます。

家の評価額は家屋と宅地に分けそれぞれ求めます。

宅地は路線価方式または倍率方式と呼ばれる評価方法であり、
おおよそ公示価格の8割になります。

計算は路線価×土地の広さ(路線価方式)
または固定資産税評価額×国税局長が地域ごとに定める倍率(倍率方式)
で評価します。倍率方式は路線価の無い土地の場合に使用します。

家屋に関しては固定資産税評価額と呼ばれる方法であり、
おおよそ時価の4~6割程度になります。

貸宅地や貸家アパートなどはさらに評価額が下がります。

基本は以上ですが、評価額の軽減の特例などもあり
税理士など専門家への相談をおすすめいたします。





 



TOP

家の相続
~相続税


家の相続
~親族との関係


家の相続
~行政書士


家の相続
~生前贈与がオススメ!


 

©2014 将来のために知っておきたい「家の相続」 All rights reserved.